AMNESIAVEditionは素敵な物語

この作品はかなり個性が強い世界観で繰り広げられるので、ハマる人はそのミステリアスで不思議な世界に没頭する事間違いなしだと思います。そんな私も、このAMNESIAにどっぷりとハマり、とうとうサウンドトラックCD迄、購入してしまった一人なのです。先ずは、主人公の記憶がないという所が一番のポイントです。記憶が無い為に、色々と戸惑いながらの現実を、精霊のオリオンと共にストーリーが進むのが楽しいのです。この、オリオン君がとても可愛らしくて、もうずっと傍に居て欲しいと思う位のキュートな子供です。攻略対象の男性キャラクターよりも、傍にいて欲しい位です。
そんなオリオンと、ずっと心で会話しながら個別キャラとのルート展開が進むのですが、4人の中で最も自分が好きなキャラクターはトーマ君です。彼は主人公の幼馴染で、いつも彼女の傍に居たのです。トーマルートを進めて行くにあたり、「過去の記憶」が断片的に甦ります。それは主に、小学校に上がる前の幼い主人公を彼がいつも優しく見守る、心が温かくなる物です。その記憶が、彼女の中に忘れずにしまってあったのです。こんな所が、とても感動的でそういえば、自分にもそんな事があったなと、ゲームをプレイしていて感じました。

それ程、幼少時の記憶は強烈な物が有り、その頃に自分と関わりを持った環境や人間関係は、大人になってからもベースとなっている事をこのトーマルートで再認識しました。しかし、初恋の相手を大人になってからもずっと変わらずに好きでいられるのかと言えば、中々出来る事ではない様に思えます。現実的には、次々に色んな異性と関わるので、段々と初恋の女性は忘れて行くのが自然な流れであると思います。特に、他のキャラクターでイッキ君と言う人が居ますが、彼は大学内にファンクラブが出来てしまう程のイケメンな青年です。それに、次々に交際相手を変えていく軽い性格なので、トーマとは対照的であると言えます。いつもファンの娘達に取り囲まれており、これでは自分とイッキは付き合っていたのかどうかさえ解りません。

誰にでも優しく出来る美貌のイッキではなく、いつも主人公を見守るトーマの方が良いと思います。それと、幼馴染にもう一人、シンと言う一つ年下の男性が居るのですが、私の推測ではこのシンがプレイヤーさん達の一番の人気キャラなのではないでしょうか。

トーマのエンドは4種類あって、「おまえ、ほんっと男の趣味悪いねEND」が、一番ハッピーエンドだったのですが、トーマは主人公を愛しすぎていて、それが檻に閉じ込めたりしてしまう行動迄繋がっているのだと思いました。それに、彼女が退屈しない様にぬいぐるみや人形、お菓子を沢山檻の中に居る彼女にあげるのです。トーマの中で現実はもう2人共大学生なのに、一定の部分だけ少女の頃の彼女が強烈にインプットされており、目の前に綺麗になった大人の彼女が居るのに、現実と、一番楽しかった頃の幼い彼女がダブっている事がこのルートの特徴でした。私も、トーマの様な一途な男性に想われたいと思いました。

断捨離を意識してみます

最近流行りのようになっている断捨離。

 

そもそも断捨離とは不要なモノなどの数を減らし、生活や人生に調和をもたらそうとする生活術や処世術のことです。

しかし、自分の生活においてモノとの調和がどのくらいの量なのかというのはとても難しいことです。

私もここ数ヶ月オークションを利用し断捨離を行っています。

しかし、断捨離をしたいのもつまり不要なモノをそのままゴミとして捨てるのではなく、少しでもお金になればという気持ちもありオークションを利用しています。

確かに自分が不要となったモノを必要としてくれる誰かに安く譲ることはとても良いことではあります。しかし、だんだんお金が欲しいという気持ちが大きくなってしまい、本当は必要なモノなのに判断がゆるぎ、売ってしまった後で後悔し、また同じモノを買ってしまうという悪循環にもなりがちです。

これではそもそもの断捨離とは異なるものとなってしまいます。ただ、今の流行りの断捨離は多くの人がものをただ減らすことと考えているような気がします。モノの必要性とは家族単位や個々の単位で全く異なるものだと考えます。ある人にとっては全く必要ないモノでも、ある人にとっては必要なモノもあります。

ただ、モノを減らすと考えるとそれはものすごく単純な行動になってしまうのですが、その先にあるものがその人にとっての生活や人生が暮らしやすく、また、心に豊かさをもたらすものでなくてはならないと考えます。

また断捨離をしたら次はミニマリストとして生きていくという習慣を身につける必要があると一般的に言われています。しかし、断捨離をしたからといってミニマリストとして生きなければという考え方をする必要もないと思うのです。

ミニマリストとは最小限主義者のことなのですが、その状態が自分にとって幸せと感じるならそれでもいいし、もし「モノの量=心の豊かさ」と感じるのならモノをまた必要な量だけ増やせばいいと考えます。

ミニマリストとしての表面的なメリットとして考えられる掃除がしやすいということはあるかもしれませんが、それはあくまで表面的なことですし、そこに重点を置いてしまうのは何か違う気がするのです。

あくまでも大切なのは、その人にとっての生活や人生に調和のとれたモノの量を自分で判断する力です。この判断する力はどうやったら身につくのでしょうか。ここが難点です。

今、断捨離やミニマリストが流行りのようになっているので、本もたくさんあり、またブログなどを書かれている方もたくさんいます。しかし、それらはあくまでも書いた方の考え方、実行の仕方であるのでなかなかそのまま取り入れることはできません。結局は自分で生活していくうえで、自分でちょうどいい調和を見つけなくてはならないのだと考えます。

その力は、モノで溢れかえっている現代だからこそ必要な力です。昔はモノが少なかったためモノ一つ一つを大切にして、長く使うという習慣が当たり前に行われていました。モノで溢れている今、一度自分の周りを見まわして断捨離を行い、その先は自分の必要なモノをきちんと判断し、必要なモノだけを買うことを習慣づけて行けばいいのだと考えます。

その必要なモノの中には心の豊かさ自分にとって幸せを感じれるモノは、周りの人10人中10人にいらないと言われても必ず入れたいと考えます。

ゲオでの買取の注意点

先日、家を片づけていたらもう使わないゲームやスマホが出てきたので、思い切ってゲオに売りに行くことにしました。

しかし、今回はお店に持っていくのではなくネットで買取してもらいました。 理由は、買い取りキャンペーンがネット限定だったので、ネットのほうが高く買い取ってくれそうだったからです。

売りに出したのは、ゲームが30本とスマホが1台。ゲームは当時は人気のあったDSゲームで、スマホは3年前の型で箱や説明書の類はなく、本体と卓上ホルダだけです。正直、ボーナスに期待していたのですが結果は残念でした。

まずは、ボーナスが適用されませんでした。ゲームを20本以上売ると1万円のボーナスがもらえるはずで30本も売りに出したので当然、ボーナスはもらえると思っていたら結果は買取不可の商品が12本あるとのことで、ボーナス適用外です。その12本も説明書も箱もついていて状態が悪いものではありませんでした。これは納得いきません。

ネットの口コミを調べてみたら私と同じ経験をしている人がいました。

憤怒! GEO Online の買取には要注意!

先に調べてから売ればよかった・・・とんだ情弱でした。

ゲオの買取にはこちらの記事もどうぞ。

ゲオの買取について

他のネット買取店やオークションを利用する方がおすすめです。

 

 

節約してお金を貯める

節約というのは、なかなか習慣づけないと難しいですよね。というわけでできる範囲でやるようにしています。今心がけているのがドリンク代の節約です。会社の近くにあるのがスタバくらいしかなく、ドリンクを買おうとすると300円は軽く超えてしまうので、スタバを利用しないですむようにしています。それでもスタバでコーヒーを飲まざるを得ないことが多いので、マイボトルだけは持っていくようにしています。スタバでは、ボトルを持っていけば20円引きしてくれるので、それだけでも違います。あと、ドリップコーヒーを飲むようにして、二杯目108円でもらえるようにしています。これでコーヒー2杯で400円くらいですむ感じです。時々アンケートつきのレシートがもらえたりするし、5000円入金でドリンクチケットがもらえる時に入金したりもしています。

また、個人的に家でドリンクを作れるときは、まずボトルにお茶を入れていきます。それだけでだいぶ違いますね。そして、オフィスでケトルを使ってお湯を沸かしながら、スティックコーヒーを入れたり、ティーバッグでお茶を入れたりしています。基本的に温かいものはこれでOKですね。また、飲み物を飲みたいとき、本当に飲みたいのかを考えます。もし、温かいものが欲しいと思っている時は、ボトルにお湯だけ入れることも多いです。手が温まればほっとするってパターンも少なからずあります。お茶にお湯を足して飲むこともありますが、ティーバッグを入れておけば、それなりに味も薄まることもないです。冷たいものが欲しいときは、ペットボトルを買いますが、少しでも安くなるように、ドラッグストアとかスーパーで買うようにしています。家から持っていくときは冷たい状態を保つために、凍らせてから持っていきます。これだけでかなり節約できています。

PS4ソフトのダークソウル3を売りました

もう今から5年前くらいの話です。

当時はプレイステーション3を購入したてで、どういったゲームソフトを買おうかと悩んでおり、色々とインターネット上で探していたところ、とにかく評判の良いタイトルのものを見つけました。

それはデモンズソウルというもので、これが非常に面白いらしくゲームの難易度の高さとか世界観などが見事に自分に合いそうだったので、これは間違いないだろうと思い迷わずに近くのゲームショップに行ってこれを購入することにしました。

早速やってみて思ったのがやはりとにかく面白いのです。何が具体的に面白いのかというとまず難易度ですよね。

道中にでてくるMOBが普通に強い(というか主人公が弱い)のですが、このゲームは不思議とそこで投げ出したくはならずむしろクリアしたいという衝動に駆られてしまうのです。

このクリアしたい衝動に駆られるのは恐らく、そのゲームのエリアの雰囲気や世界観がそうさせる部分があり、これをクリアすることでまた新たな魅力的なステージが繰り広げられるであろうというのがなんとなく無意識で分かっていたからだと思います。

結局その予感は的中し、その最初のステージをクリアした後のステージは、今まで体験したことのない刺激的で魅力的なエリアが待ち構えていました。

期待は非常に良い意味で裏切られましたね。

普通にゲームオーバーにならずにステージを進んでいくのも楽しいのですが、武器や防具を強化するための素材を集めてそれらを強化し、少しでも状況を確実に良くする過程も楽しめますし、ボス戦は更に手ごたえがあって何回も死んだ後にクリアした時に感じる達成感も素晴らしかったです。

このような感じで最初は自分一人でこのゲームをクリアし終えて十分に楽しめて満足だったのですが、本格的にはまりだしたのがオンラインプレーをやり始めた時でした。

オンラインプレーでは他人と共にステージを攻略していくという協力プレーと、他人の攻略の妨害をするというような敵対プレーが可能になるわけですが、ただでさえ面白いステージ攻略にこうした要素が加われば、このゲームはもう他のゲームと比べても敵なしに面白いといっても過言ではありません。

始めのうちは協力プレーをしていたのですが、対人戦にある程度経験した段階で今度は敵対プレーを行うことにしました。

敵対プレーといっても他人のステージクリアを妨害するといった目的ではなく、そのゲームで公式に認められた道場というタイマン形式での形(いわゆる格闘ゲームのような感じ)で、他プレイヤーと対戦をし続けました。

このゲームでは武器や防具もある程度豊富で、それに加えて魔法や道具なども使えるので豊富スタイルでの戦い方が楽しめます。

選ぶ武器によってはかなり有利不利が出てくるものの、そういった問題に関してはこちらが武器を変えれば解決できます。

オンライン全盛期ではいつ遊んでもプレー人口が豊富で、対人でのテクニックなども次々と開発されたり、ネットの掲示板では次々とコミュニティーが形成されたりと、本当に盛り上がっていました。

プレーしている最中も、これほどまでに楽しめるゲームは他にあるのかというくらいに思っていましたが、あれから5年たった今、いまだかつてこのゲームよりも楽しくてはまったゲームは知りません。

一方でPS4で買ったデモンズソウルシリーズの後継のダークソウル2,3はどうもいまいちなじめませんでした。

デモンズソウルに比べると、ステージも単調で当時感じたひりひりするような感覚はありませんでした。グラフィックだけが良くなっているというか、映像もデモンズソウルのころから対して進歩していないように思えます。それだけデモンズソウルが完成されていたということですが。

さすがに2つ並べると差は目立ちますが何年も前に出たゲームとしてはやはり傑出していたできたド思います。

PS4のダークソウルは売りましたが、PS3のデモンズソウルは大事に取っておいて時たまプレイしています。私のようにしている人も多いのではないかと思います。

 

 

 

ゲオで買取してもらった思い出

もう1年以上も前のことでした。住んでいる市内にゲオができました。そして、たくさんの中古のゲームと漫画が売られていました。もちろん、中古品なので価格は安いです。しかし、購入するための価格は、100円単位でした。でも、新品を購入するよりも安いので、わたしは、何かお得なものはないか、一生懸命に探しました。そして、当時はやっていた漫画の中古本を2冊とゲームを3本、買ったのでした。計3000円ほどです。

さて、漫画はその2冊をすぐに読んでしまいました。ゲームは結局ほとんどやりませんでした。そして、翌月になったら、その漫画とゲームを買取してもらいに行きたいと思いました。買ったばかり物もなので、当然ながら、それなりの買取価格となることを予想して出かけたのでした。そして、受付をすまして、査定を待ちました。しかし、提示された買取価格は、なんと30円、タダ同然といった価格でした。前の日にこの店で買ったばかりのものだと説明しました。しかし、古いものなので、こんな価格になってしまうと言われてしまいました。

店内には、安い価格の中古品がたくさん並べられています。このような価格設定にするためには、タダ同然の買取価格が前提になっているのかなあとも思ってしまいました。リサイクルしながら節約というのはなかなか難しいことだとも思ってしまいました。

たとえば、引越しの際に、段ボール箱一杯の古本を持ち込むとかいった場合でないと、ちょっとしたお小遣いといえるような価格にはならないと思われます。また、本やゲームというものは、一度でも人の手にわたると、古いものとなってしまうのだと感じました。そして、古いものは、古いものとしての価値しかないのだと思ったのでした。

今では、通販などでも中古の本が売られています。そして、その価格も1円単位であることもあります。こういった状況をみていると、ゲオで経験した出来事もなんとなく納得できるのです。

 

ただ、引越しなどをきっかけとして、古い本を片付けたいと考えているならば、こういった店を避けてオークションかネットの買取店を利用するのもいいと思います。いわゆる大手古本チェーン店に出すよりも、高く買い取ってもらえることが多いです。

ネット買取店に売る場合はゲオと他のネット買取店の比較をしているサイトがとても参考になります。

http://ゲオ買取.net/

オークションに出す場合は、発送をしなければならない分手間がかかりますが、運が良ければ買った時以上の値段で売れることもあるようです。

次回、不用品を処分するときにはネット買取店を試してみようと思います。