PS4ソフトのダークソウル3を売りました

もう今から5年前くらいの話です。

当時はプレイステーション3を購入したてで、どういったゲームソフトを買おうかと悩んでおり、色々とインターネット上で探していたところ、とにかく評判の良いタイトルのものを見つけました。

それはデモンズソウルというもので、これが非常に面白いらしくゲームの難易度の高さとか世界観などが見事に自分に合いそうだったので、これは間違いないだろうと思い迷わずに近くのゲームショップに行ってこれを購入することにしました。

早速やってみて思ったのがやはりとにかく面白いのです。何が具体的に面白いのかというとまず難易度ですよね。

道中にでてくるMOBが普通に強い(というか主人公が弱い)のですが、このゲームは不思議とそこで投げ出したくはならずむしろクリアしたいという衝動に駆られてしまうのです。

このクリアしたい衝動に駆られるのは恐らく、そのゲームのエリアの雰囲気や世界観がそうさせる部分があり、これをクリアすることでまた新たな魅力的なステージが繰り広げられるであろうというのがなんとなく無意識で分かっていたからだと思います。

結局その予感は的中し、その最初のステージをクリアした後のステージは、今まで体験したことのない刺激的で魅力的なエリアが待ち構えていました。

期待は非常に良い意味で裏切られましたね。

普通にゲームオーバーにならずにステージを進んでいくのも楽しいのですが、武器や防具を強化するための素材を集めてそれらを強化し、少しでも状況を確実に良くする過程も楽しめますし、ボス戦は更に手ごたえがあって何回も死んだ後にクリアした時に感じる達成感も素晴らしかったです。

このような感じで最初は自分一人でこのゲームをクリアし終えて十分に楽しめて満足だったのですが、本格的にはまりだしたのがオンラインプレーをやり始めた時でした。

オンラインプレーでは他人と共にステージを攻略していくという協力プレーと、他人の攻略の妨害をするというような敵対プレーが可能になるわけですが、ただでさえ面白いステージ攻略にこうした要素が加われば、このゲームはもう他のゲームと比べても敵なしに面白いといっても過言ではありません。

始めのうちは協力プレーをしていたのですが、対人戦にある程度経験した段階で今度は敵対プレーを行うことにしました。

敵対プレーといっても他人のステージクリアを妨害するといった目的ではなく、そのゲームで公式に認められた道場というタイマン形式での形(いわゆる格闘ゲームのような感じ)で、他プレイヤーと対戦をし続けました。

このゲームでは武器や防具もある程度豊富で、それに加えて魔法や道具なども使えるので豊富スタイルでの戦い方が楽しめます。

選ぶ武器によってはかなり有利不利が出てくるものの、そういった問題に関してはこちらが武器を変えれば解決できます。

オンライン全盛期ではいつ遊んでもプレー人口が豊富で、対人でのテクニックなども次々と開発されたり、ネットの掲示板では次々とコミュニティーが形成されたりと、本当に盛り上がっていました。

プレーしている最中も、これほどまでに楽しめるゲームは他にあるのかというくらいに思っていましたが、あれから5年たった今、いまだかつてこのゲームよりも楽しくてはまったゲームは知りません。

一方でPS4で買ったデモンズソウルシリーズの後継のダークソウル2,3はどうもいまいちなじめませんでした。

デモンズソウルに比べると、ステージも単調で当時感じたひりひりするような感覚はありませんでした。グラフィックだけが良くなっているというか、映像もデモンズソウルのころから対して進歩していないように思えます。それだけデモンズソウルが完成されていたということですが。

さすがに2つ並べると差は目立ちますが何年も前に出たゲームとしてはやはり傑出していたできたド思います。

PS4のダークソウルは売りましたが、PS3のデモンズソウルは大事に取っておいて時たまプレイしています。私のようにしている人も多いのではないかと思います。